『Lifeライフ』原画展のお知らせ

『Lifeライフ』原画展のお知らせ。

富山県射水市大島絵本館で、初原画展開催!

 

 

『Lifeライフ』(くすのきしげのり:作/ 松本春野:絵/ 瑞雲舎)

 

2017年12月1日(金)から2018年1月28日(日)まで、

2ヶ月にわたり、

富山県射水市にある大島絵本館のギャラリーで

絵本『Lifeライフ』の原画展が開催されます。

 

『Lifeライフ』の原画展の開催は今回が初めてになります。

 

大島絵本館は、富山県射水市にある、

世界の絵本をテーマとした公立の博物館です。

まるで、海に浮かぶ船のような外観の素敵な建物に、

1万冊を越える絵本の蔵書があり、

併設されているギャラリーを使っての絵本原画展や、

絵本の読み聞かせ他様々な絵本に関するワークショップが開催されている

魅力たっぷりの絵本博物館です。

 

北陸地方一番の絵本の拠点と言ってもいいほど。

 

 

絵本の情報が満載の「マグちゃん通信」という冊子も

2ヶ月毎に発行されていますが、

今回発行されたばかりの47号は、

なんと『Lifeライフ』が表紙なんですよ。

 

 

巻頭インタビューは松本春野さん。

 

今回は、松本春野さん原画展ということで、

『Lifeライフ』と『ふくしまからきた子 そつぎょう』(岩崎書店)

の2冊の原画が展示されるのだそうです。

二作品、作風が違いますから、同時に見ることができるなんて、

会場へいける方はとっても贅沢ですね。

 

この時期、カフェでは『Lifeライフ』にまつわる原画展特別メニューも考案されているそうです。

定番かつ人気メニューである「ホットケーキ」の『Life』バージョンなんですって!
素敵なお土産もつくようで…これは行った人だけの特典ですね。

 

特典と言えば、ギャラリー入り口には記念撮影できるコーナーも出来るそうです。

企画案を見せていただいたのですが、

そこに立って写真を撮ると、まるで『Lifeライフ』の世界に入りこんだようなんですよ。

 

12〜1月と言えば、北陸地方、ひょっとして「蟹」が美味しい季節〜!?

これは、行くしかない!! かな?

 

ぜひ沢山の方にいらしていただけますように!

 

 

場所)富山県射水市大島絵本館

住所)〒939-0283 富山県射水市鳥取50 

TEL0766 ( 52 ) 6780 FAX0766 ( 52 ) 6777

地図は→こちら

日時)平成29年12月1日(金)〜平成30年1月28日(日)

   9:30〜17:30

毎週月曜日と年末年始(12月28日〜1月4日)は休館となります。

入館料:
大人/510円  中高生/310円  小学生/100円
(団体20 名以上は2割引)(団体の幼児は1人50円)
(身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの障がい者と付添1名は無料)

zuiunsya * イベント * 16:06 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

『あおいジャッカル』10月新刊のお知らせ

【10月新刊のお知らせ】

 

『あおいジャッカル』2017年10月1日発売

 

あいつはだれだ?

そら みたいに あおい あいつは?

 

『あおいジャッカル』
(マーシャ・ブラウン:作/こみや ゆう:訳)
ISBN 978-4-907613-18-1
本体価格 1300円 32P オーツカラー
昔、荒々しい遠吠えをするので「あらぼえ」と呼ばれた
ジャッカルがいました。
ある夜、腹をすかせたジャッカルは街へ食べるものを
探しに行きました。
ところが、野良犬に追われ逃げまどっているうちに、
つい飛びこんだ染物屋の藍の大ガメの中で、
一夜を明かすことになってしまいました。
翌朝、森に戻ったジャッカルを見て、森の動物たちは驚愕しました。
ジャッカルは見事な青い毛並みに変わっていたのです。
「あいつは だれだ?
そらみたいに あおいあいつは?」
恐れおののく動物たちは、ジャッカルを森の王さまにしました。
王さまになったジャッカルは、仲間だったジャッカルの事は
追い払い、贅沢三昧の暮らしを始めました。
ところがある日のこと……

 

世界最古の子ども向けの物語集といわれるインドの『パンチャタントラ』、

 

その第一巻「ともだちを失う」の中に収められていた一篇を
マーシャ・ブラウンが1977年に絵本化しました。
原題は"The Blue Jackal"です 。
日本では『あおいやまいぬ』
(1979年佑学社→1999年瑞雲舎)として出版していましたが、
"やまいぬ"を原題どおりの"ジャッカル"に変更するという
マーシャ・ブラウン生前最後の約束に従い、
改題し、小宮由氏の新訳にて刊行することにしました。
今回の刊行にあたり、色も原書にできるだけ近づけました。
藍色に染まったジャッカルの毛並みが美しい青に生まれ変わり、
森の動物達の驚き恐れた理由が、絵から伝わってきます。
様々なことを考えさせられる奥深い物語で、
読むたびに色んな感想が頭に浮かびます。
小さい子ども達にも、心に残る一冊になってくれるのではないでしょうか。
秋の夜長、親子で絵本を楽しんで頂けたら幸いです。
2017年10月1日発売です。

 

 

zuiunsya * - * 14:05 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

『ねむれないおうさま』原画展inクレヨンハウス

開催決定!
『ねむれないおうさま』原画展のおしらせ
日時)2017年8/17(木)〜9/3(日)
場所)クレヨンハウス1F 子どもの本売り場
詳しくはこちら

 

夏休み後半、表参道にある絵本専門店クレヨンハウスさんで、
『ねむれないおうさま』の原画展が開催されます。

 

木に描かれた迫力ある原画の魅力をお楽しみください。

 

絵本刊行後、初めての原画展です。
夏休みの思い出の一つになってくれますように。
絵本『ねむれないおうさま』
(ベンジャミン・エルキン:原作/ザ・キャビンカンパニー:絵/小宮由:訳)
の原画が8枚展示されます。

 

原画展開催に合わせて、ザ・キャビンカンパニーさんの
サイン本も販売されています。
物語に出てくる12人の大臣達が、それぞれ描かれています。
どの大臣がお気に入りですか?

 

 

8/19(土)には、『ねむれないおうさま』の翻訳をされた

小宮由さんの講演も開催されます。

1960〜70年代のアメリカ児童書黄金期の良書を、
たくさん日本に紹介されている小宮さん。
どんなお話が伺えるか、とっても楽しみです。

 

[子どもの本の学校2017]第4回目
日時: 8月19日(土)午後4時〜5時30分 *講演終了後1Fにてサイン会
場所:B1F レストラン「広場」にて
講師:小宮由さん(翻訳家)
「このよろこびをあのこに」

★小宮由さん講演会の当日券の予約受付、チケット販売中!★
1F子どもの本売り場まで、お気軽にお問い合わせください。
e-mail: ehon@crayonhouse.co.jp
TEL: 03-3406-6492(11:00〜19:00、土日祝は1 0:30〜19:00)

 

 

zuiunsya * - * 17:00 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

2017年版 瑞雲舎のほんだより

2017年版の「瑞雲舎のほんだより」(図書目録)が出来上がりました。

今年の表紙は美しい宮殿になりました。
そう!
『ねむれないおうさま』の表紙です。
(ベンジャミン・エルキン:原作/ザ・キャビンカンパニー:絵
小宮由:訳)
「瑞雲舎のほんだより」は、毎年表紙にその年一押しの絵本を掲載しています。
今年は『ねむれないおうさま』で決定。
ご希望の方はお送りさせていただきますので
sales@zuiunsya.com へ、ご希望の旨ご連絡ください。
(少々、厚めなため書籍の間には挟んでおりません。)
zuiunsya * - * 17:34 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

『ねむれないおうさま』6月新刊のお知らせ

【6月新刊のお知らせ】

『ねむれないおうさま』もうすぐ発売!

 

クラシックなお話が、新しい才能と出会って現代によみがえり、

ことば遊びも楽しい素敵な絵本になりました。

 

『ねむれない おうさま』

ベンジャミン・エルキン:原作 ザ・キャビンカンパニー:絵 小宮由:訳

定価(本体価格1400円+税)

ISBN 978-4-907613-17-4

 

昔、ある国にカール王という王様がいました。

王様は、このところどうしたことか一晩中眠れません。

 

なんとかせねば!

 

お城の12人の大臣達は、王様に眠ってもらうために知恵をしぼります。

 

 

そうだ!

うるさい おとを けしてしまおう!

 

思いつくまま、国中の音を消し始めました。

 

 

ブルブル やかましい ひこうきを はこびだし……

 

……国中が大変なことになりますよね。

 

が!

 

 

のぼってきた太陽が見たものは、なんだったでしょうか?

それでも眠れない王様の姿だったのです。

 

 

国中を巻き込んだ大騒ぎ、

果たして王様は眠ることが出来るでしょうか

 

 

え〜〜っ!?

と、驚く結末は、読んでからのお楽しみ!

 

 

アメリカ児童書黄金期の作品を意欲的に日本に紹介し、

絵本ファンから絶大な信頼を得ている翻訳家小宮由さんと、

独創的な色彩感覚で注目度NO1のアート作家、絵本作家のザ・キャビンカンパニーによる

初コラボレーション作品です。

 

 

 

6月15日過ぎには、書店さん店頭に並び始めます。
どうぞお楽しみに!
(早く手に入れたい方、ぜひお近くの書店さんにご予約ください!)
zuiunsya * - * 17:03 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ