さんぼ、ケーキになる!

もうすぐクリスマス。
クリスマスといえば、・・・サンタクロース

そして クリスマスケーキ!!

ちょっと前になるのですが、すてきなお知らせを頂いていたのでした。

そう!
さんぼのクリスマスケーキ!

以前、

『ミライのミイラ』(くすのきしげのり:作 広瀬克也:絵 瑞雲舎)
 

のなかに出てくる「オヤジのオジヤ」
 

を作ってくれた素敵な料理家の青山金魚さんが、
なんと『ちびくろ・さんぼ』のクリスマスケーキを作ってくれました。


「オヤジのオジヤ」の時に、次はさんぼのケーキを!
とリクエストしたら、本当に作ってくれたのです。




わ〜い。
なんだかすごいことになっている。

シューケーキを積み上げているのかと思ったら…
なんとなんと。

一つずつが全部ホットケーキなんですって!

「ホットケーキの材料を混ぜ、熱したタコ焼き器にバターを刷毛で塗ったところに
流しこんだらマシュマロを真ん中に入れ 180度で焼きます。」

って、レシピにありました。

m(_ _)m
ご苦労に思わず頭が下がります。



なんと言っても、『ちびくろ・さんぼ』

 
(ヘレン・バンナーマン:作 フランク・ドビアス:絵 光吉夏弥:訳 瑞雲舎)


といえば、
そう、ホットケーキ!


高く、高く積み上げているのが、とってもおいしそうで印象的です。
このページを読むと、子ども達がみんなうっとりしますよね。

それをま〜るく丸めたホットケーキに変えちゃうなんて、すごすぎ。

飾りつけ(って、言うのかな?専門用語があるのかしら)も素敵!

よくこんな風に考えられるものだとびっくりです。


味見できなかったのが大変残念ですが、お忙しい中、大作を作ってくださった
金魚さん、本当にありがとうございました。





金魚さんのブログは⇒こちら

さて。

次は何をお願いしようかな〜。
なんちゃって(笑)
zuiunsya * おしらせ * 16:48 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

国語の教科書

来年以降に全国の小学校で使われる、国語の教科書を送っていただきました。
(来年が、ちょうど3年に1回の教科書の改定時期に当たります)

国語教科書の中に絵本や本を紹介するコーナーがあって、
そこに瑞雲舎の出版物を掲載していただいているからです。

2年下で、『どうぐ』(かこさとし:作)
3年上で、『としょかんねずみ』(ダニエル・カーク:作 渡辺鉄太:訳)
6年生で、『夢の果て』(安房直子:文 味戸ケイコ:絵)
(すべて東京書籍)


教科書を並べて読み比べしました。
並べてみると、子どもの成長過程がとてもよくわかります。
(間が抜けていますけれども)

6年生の学ぶ内容って、すごいな。

これは、パラリと見るだけでは済みそうにありません。じっくりと読みたくなりました。

それにしても、教科書でご紹介していただけるって嬉しい事です。
『としょかんねずみ』のサム君も、今頃はさぞかし鼻高々でしょうよ。

きっと!



 
zuiunsya * おしらせ * 16:40 * comments(2) * trackbacks(0) * pookmark

2014年 今年もよろしくお願いいたします

明けましておめでとうございます。

昨年も、たくさんの方に瑞雲舎の絵本を読んでいただきまして、
本当にありがとうございました。

今年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。


今年の7月、瑞雲舎は創立20周年となります。

20年って、生まれた子供が成人式を迎えて、大人の仲間入りする年数です。
20歳に恥じないような良い絵本を皆様にお届けできるように、今年も頑張りたいと思います。

20周年にあわせて、素敵な絵本の刊行を予定していますので、乞うご期待!!


さて、その20周年に向かう、今年最初の絵本がもうすぐ刊行となります。

『むすんで ひらいて』 構成・絵:新井洋行 
定価(本体価格1,100円+税)
上製 オールカラー 30P
2014年2月14日発売
ISBN:978-4-907613-00-6

みんなが知っている歌『むすんで ひらいて』から絵本が生まれました。
読み始めたら、思わず一緒に歌ってしまいそう。



楽しいてあぞび歌から、こんな発想が生まれてくるなんて!!





「きゃ〜、かわいい〜  リボンむすんでるよ〜!」



まだ本になる前に、何度かおはなし会で実践させてもらったのですが、
毎回、最初のページを開くたびに、そんな声が上がりました。

一緒に歌いながら、ページをめくっていくのがとても楽しくて、
素敵な時間になりました。

親子で一緒に。
おはなし会でみんなと。

この絵本が笑顔のもとになりますように。

しろネコちゃんの隣にいる、ピンクと水色の謎の”物体は一体誰(笑)?
って気になる方は、2月の発売までもう少しお待ちを。

全国の書店さん、ネット書店さんで、ご予約ください!






 
zuiunsya * おしらせ * 16:38 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

2011年度版の図書目録が出来上がりました

 お待たせしました。

2011年度版の図書目録
 『ほん
が出来上がりました。

毎年、ピンクっぽいかわいらしい色合いだったのですが、



今年はちょっとしぶい。
大人っぽい!・・と言っていただきたい!


からし色です。
ちょっと素敵に出来上がったかなと。





表紙画像は



『へんなどうつぶ』から



ご希望の方、お送りしますのでご一報ください。

FAX:03-5449-1301

sales@zuiunsya.com
まで。

お待ちしておりますm(_ _)m
zuiunsya * おしらせ * 13:34 * - * trackbacks(0) * pookmark

朝日小学生新聞で紹介していただきました


6月5日発行朝日小学生新聞の『今月の3冊』欄で『へんなどうつぶ』が紹介されました。

掲載紙を送っていただいて、とっても懐かしく中を読ませてもらいました。
実は、私も小学生の時に、朝日小学生新聞をとってもらっていたのです。
我が家の子どもたちが小さかった時にも読ませたかったのに、何故かご縁がありませんでした。
誰か薦めてくれたらよかったのになあ。

今はもう、小さい子どもがいないので、なかなか目にする機会がないのですが、1面では、ちゃんと政治の事もこどもが分かりやすいように書かれています。勉強面から、「らくだいにんじゃ乱太郎(!)」まで、バラエティー豊かな内容で楽しい。
それにしても、『へんなどうつぶ』表紙の色が目立つ!と言うより、嬉しくて一番先に目に飛び込んできました。
朝日小学生新聞さん、ありがとうございました。
zuiunsya * おしらせ * 22:46 * - * trackbacks(0) * pookmark

『夢の果て』味戸ケイコ原画展のお知らせ

このところ、ブログの更新が滞ってしまっていて、お伝えしなければならない情報も溜まってしまいました。
よって!!
本日より3日連続更新!!・・の予定・・。

まず第一弾!

『夢の果て』味戸ケイコ原画展
〜詩とメルヘンの世界〜


2010年3月8日〜20日
場所:スパンアートギャラリー(東京都中央区銀座2-2-18西欧ビル1階)
tel.03-5524-3060
時間:11:00〜19:00(最終日17:00まで)









1974年から1986年の冬にかけて、月刊誌『詩とメルヘン』誌上に発表されていた、安房直子、味戸ケイココンビによる幻の美しい作品を集めた『夢の果て』
この味戸さんの『夢の果て』原画展は、函館、横浜、広島、高松、札幌・・・と全国を回りましたが、今回がいよいよ最終となります。
まだご覧になっていらっしゃらない方は勿論、以前ご覧になられた方もぜひもう一度味戸さんの絵に会いにいらして下さい。

zuiunsya * おしらせ * 11:40 * - * trackbacks(0) * pookmark

まねっこでいいからが毎日新聞で紹介されました。


1月10日の毎日新聞朝刊の家庭欄にて、『まねっこでいいから』が紹介されました。
『まねっこでいいから』が出来上がるまでの経緯や、著者の内田麟太郎のこの本への想いが、記事になっています。


『まねっこでいいから』
文:内田麟太郎
絵:味戸ケイコ
定価1500円+税
Amazonでご注文 楽天でご注文
zuiunsya * おしらせ * 11:41 * - * trackbacks(0) * pookmark

さんぼのカレンダー


ちびくろ・さんぼ 2010年カレンダーが発売されています。昨日、瑞雲舎でも見本をいただきましたので、大公開!


「ちびくろ・さんぼ3」の各場面に英語・フランス語・ドイツ語の日常会話がついています。
たとえば、このページ。
声を出して本をよんでいる、さんぼの周りをたくさんのトラが囲んでいます。
お話が面白いので、読み終わるまではさんぼを食べるのをやめよう!ってトラ達は思っているのです・・・。

そして!そこに、ついている言葉は。

「お腹がすいた。」
I am hungry.(英語)
J'ai faim.(フランス語)
Ich habe Hunger.(ドイツ語)


思いっきり受けてしまいました!


色もとってもきれいです。
2010年は12年ぶりの(当たり前だ)寅年。
「ちびくろ・さんぼ」で毎日を楽しく!っていうのはいかがでしょう?
zuiunsya * おしらせ * 14:41 * - * trackbacks(0) * pookmark

ご来場ありがとうございました!

9月26日〜27日上野恩賜公園で行われた「上野の森子どもの本まつり」が無事に終了しました。
ご来場くださった皆様、どうもありがとうございました。

今回はお天気にも恵まれ、インフルエンザの影響も思ったほどではなく、二日間を無事に終えることができました。
あまりにせわしなく、又自分も楽しんでしまったせいで、写真を撮るのをすっかり忘れてしまったのがとっても残念です。

やっぱり、会場の写真がないと臨場感がありませんねぇ。
いらっしゃれなかった方にもお見せしたかったのになあ。
たくさんのお客様が、たくさんの絵本の中でとても幸せそうな表情でした。
小さい方から、お年寄りまで。
親子連れもカップルも。
本当に楽しいイベントだなあ、と実感しました。
あっちこっちのテントで、サイン会が催されていたり、各出版社が持ち込んだ本は、買わなくても見て歩くだけでも十分満足。目の保養。

瑞雲舎のテントを目指して来てくださったお客様もたくさんいらっしゃって、声をかけていただいて感激してます。
「この本は春に買いました」とか「これもこれも、みんな持ってます」なんて言っていただいて・・・涙ものです。ありがたいことです。
初日には「折り紙で豆本」でお馴染みの『大人のおりがみ遊・楽・考』が早々と売り切れ。

・・・もっと持っていけば良かった。
ここで告知していた『ちびくろ・さんぼ3巻セット』+トラのマスコットも、
実は限定10個ではなく、16個持参したのですが売り切れ。
買えなかった皆様ごめんなさい。

さて。
瑞雲舎の今回の売上ベスト3は・・・
1位『ちびくろ・さんぼ』


2位『はやくちこぶた』


3位『ちびくろ・さんぼ3』


27日の午後には『はやくちこぶた』の作者早川純子さんもいらっしゃり、サイン会も行わせていただきました。
次は来年のGW、5月の3〜5日です。

東京だけじゃなくて、どこか地方でもできたら良いのになあ。

zuiunsya * おしらせ * 16:36 * - * trackbacks(0) * pookmark

上野の森 子どもの本まつり に参加します。

第7回「子どもの本まつりinとうきょう」に参加いたします

◎日時:2009年9月26日(土)〜27日(日) 10:00〜17:00
◎所:東京都台東区・上野恩賜公園中央噴水池広場、東京都美術館講堂

詳しくはコチラ

毎年、春と秋に上野の森で開催される「子どもの本まつりinとうきょう」ですが、(昨年の秋はお休みでした)今年は9月26日から二日間開催されます。

チャリティブックフェスティバル会場では、児童書の出版社がテントの下で自社の本をチャリティ販売します。
瑞雲舎も参加です!
当日は読者謝恩価格での販売となりますので、毎年遠くからも目当ての本を探しにたくさんの方がいらっしゃいます。
毎年、声を掛けてくださるお客様もいらして、久しぶりにお顔を見られるのも、楽しみなイベントです。
会場では読み聞かせやサイン会などのイベント、また近くには上野動物公園がありますので、ぜひお子様を連れてご参加ください。

ところで・・・いらしてくださる方、「ずいずいブログ見てます」と一言お声を掛けてくださったら、すてきなプレゼントさしあげますので、ぜひ声をかけてください!!(誰からも声かけられなかったら、どうしよう。)
それからここを見てくれている方だけ特典!!
会場で『ちびくろ・さんぼ3巻セット』をお買い上げいただけたかた、先着10名様にかわいいトラのマスコットをプレゼント各日5個です
瑞雲舎は2番ブース。
ゴブリン書房さんと一声社さんの間にはさまれてます。
実は他の出版社の方たちにお会いできるのも、とっても楽しみ♪
私も、今年は何の本を買おうかな、と今からメモメモ。

前回の様子です。↓


zuiunsya * おしらせ * 16:40 * - * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ