<< 『Life ライフ』発売しました | main | 『土木の歴史絵本第2巻 川を治め水と戦った武将たち』 >>

ことば遊び絵本

「ことば遊び」には色んな種類があります。
 
「しりとり」
りんご→ごりら→らっきょう→うさぎ…

なんだか家族旅行での車や電車の中の様子が
頭に浮かんできました。
飽きることなく何度も繰り返した思い出。

最後に「ん」がつかないように知恵をしぼり、
同じことばを繰り返さないために記憶力、フル活動。

「る」から始まるしりとりは難しい!

「早口ことば」
なまむぎ なまごめ なまたまご ♪
子どものころ、新しいネタを仕入れては、
誰かに披露するのが楽しみでした。

そう言えば何年か前のこと、
「ロシアの殺し屋、おそろしや」とか
「コロッケ、まっくろっけ」とか
新しい(新しくない?)早口言葉聴いて大笑いした記憶が(笑)


ことば遊びには、他にはどんな遊び方があるのかな?と思ったら、
ぜひ開いて見ていただきたいのが、


和田誠さんの『ことばのこばこ』

瑞雲舎から復刊刊行してからでも20年のロングセラー絵本です。
小学校の教科書でもご紹介していただいてますから、
ご存知の方もたくさんいらっしゃることでしょう。

この絵本には、ことば遊びがなんと18種類!!
 
遊び方のバリエーションがたくさんあることも凄いですが、
もっとすごいのは、
ことば遊びが、「絵」と一緒に楽しめるように工夫されているところ。

というより、「絵」があることでより一層ことば遊びが楽しくなるようにつくられているところ。
これぞことば絵本の王様です。




ほら。

絵があるから楽しさが体感できるって思います。


わたしが一番好きなのは
「擬音語あそび」

これは日本語でないと、なりたたない遊びのようです。
日本語ほど擬音語が豊かな国って、他にあまりありませんから。




すごい!!
名詞を、二回繰り返すと全然意味の違う擬態語、擬音語になっちゃう!
 
絵がついているから、小さい子どもでも十分楽しめます。
自分でも作れそう。

残りの16種類のことば遊びは、ぜひ本を手にとってご覧ください。


進学、入学のこのシーズンプレゼントにも嬉しい絵本です。
家族みんなで、ことば遊びを楽しんでみてください。

日本語って面白い!
ことばって楽しい!
 
日本語がだいすきになる絵本
『ことばのこばこ』(和田誠:作 瑞雲舎)



 
zuiunsya * おすすめ絵本 * 13:44 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ