<< 『みにくいおひめさま』に何が起こったか? | main | 『ちいさなメリーゴーランド』 >>

『わたしとなかよし』もすごかった!

GWの最中に、突然『みにくいおひめさま』が
ネット書店で大人気になってびっくり!

という顛末は、前回のブログで書きました。



それに続いて、またもやびっくりする事がおきました。


5/14のことです。
こんどは『わたしとなかよし』に何かが起きました。


『わたしとなかよし』
(ナンシー・カールソン:作/なかがわちひろ:訳/瑞雲舎)


またもや、全部のネット書店さんの在庫が、
あっという間になくなってしまったのです。



さて、
今回は何が起きたのか?というと。




KBC TVアサデス(九州、山口 8局ネット)

生放送の中でビブリオバトルがおこなわれて、



福岡で大人気の絵本リマインダーの
よっちゃんこと、八坂禎則さんが
『わたしとなかよし』を紹介してくれたのでした。



絵本セラピストでもあるよっちゃんは、
普段の絵本セラピーの中で、
この『わたしとなかよし』をいつも紹介してくれていて、

 

最後のページの一文のように
僕の絵本セラピーでは
この絵本といつも一緒なので
落ち着いて普段通りお話できました



とのこと。




さすが、いつも使ってくださっているだけあって、
『わたしとなかよし』の魅力を制限時間ぴったりに
見事にお話してくれたようです。



なんと!
番組の中で、
チャンプ本(一番読みたいという気持ちになった本)になったんですって。





その瞬間、テレビをご覧になっていた
視聴者のみなさんが、
いっせいにネット書店をクリック!



あっという間に在庫切れになってしまいました。



その後も、九州の書店さんからずいぶん問い合わせのお電話を
いただきました。
ありがたいことです。(よっちゃん、ありがとう!)


 

テレビの力って凄いわ。
と驚くばかり…。



でも、
何より思ったのは、
人の語る言葉の強さです。



『みにくいおひめさま』をご紹介くださった玉来なおこさんにしても、
『わたしとなかよし』をご紹介くださったよっちゃんにしても、


 
お二人が紹介してくださったとたんに、たくさんの人がその本を
読んでみたい!と思ってくれました。




それはやっぱり凄いことです。

『わたしとなかよし』も『みにくいおひめさま』も
大好きでいてくださる読者の方がたくさんいらして、
ほぼ口伝えだけで版を重ねている本です。
それでも今回のように、瞬間的に売れ行きがぽん!と、上がるのは
そうあることではありません。
と言うことで、記念写真!

5月14日付け、楽天の絵本ランキングです。


『みにくいおひめさま』と『わたしとなかよし』が
1位と2位になってます。

 
やった(笑)

 
zuiunsya * - * 14:58 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ