<< 詩「えらくなっちゃいけない」 やなせたかしさん | main | 『絵本はこころの架け橋 大人のための絵本セラピー2』 >>

スロボドキン『おうさまのくつ』11月発売

素敵に楽しい絵本刊行のお知らせ。

クリスマスプレゼントに楽しいおはなしはいかが?

『おうさまのくつ』
(ヘレン・ビル:文 ルイス:スロボドキン:絵 こみやゆう:訳)
ISBN:978-4-907613-08-2  定価(本体価格1400円+税)
12月1日発売(11月中旬には書店店頭に並びます)




むかしある村の靴屋さんが、素敵な靴を作りました。

見る人みんなが褒めるもので、
すっかりうぬぼれやになった靴は、
ある日のこと、王様の靴になろうとお城へと出かけていきました。





ところが、途中でどしゃぶりの雨が降ってきて
うぬぼれやの靴は、どろだらけになってしまいました。

うぬぼれやの靴は、どろだらけのまま、
どんどん、お城の中へ入っていきます。




きゃあ〜。
大変なものを踏んづけちゃってますよ!!

泥だらけで、お城の中を駆け回ってはいけませんよね。

…お城は大騒ぎになってしまいました。
さて、うぬぼれやの靴は、これからどうなってしまうのでしょう?
めでたく王様の靴になることができるでしょうか?

はらはらドキドキしながらお話の最後まで一気に読んでしまいます。


懐かしい昔話のようなユーモアあふれるストーリーは、
安心して小さい子ども達に手渡せる1冊です。


文章を書いたヘレン・ビルさんはラジオ番組の台本を書いたりした後で、
図書館司書さんになったのだとか。
残念ながら、世に出ている作品はこの1冊だけのようです。

コルデコット受賞作の『たくさんのおつきさま』(徳間書店)や、
『てぶくろがいっぱい』(偕成社)など沢山の素晴らしい作品を通して
日本でもファンの多いルイス・スロボドキンが
この愉快なお話にぴったりの、動きのある絵を
とても美しい色彩で描いています。
水色がとてもきれいです。

翻訳は、古典絵本をお任せしたら、今この方の右に出る人はいない!
小宮由さんです。
美しい言葉でリズムある文章にしてくれました。


この絵本を作っている間、つくづく絵本は楽しいと思いました。

何度も繰り返してよんでもらえる、
誰かの大切な1冊になってくれますように!!
 
zuiunsya * - * 11:15 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ