<< 『新装版 はんぶんのおんどり』見本誌到着! | main | 『泥かぶら』大阪公演のお知らせ >>

今年のクリスマスは『おとうさんねずみのクリスマスイブ』

ハロウィーンもまだだと言うのに、もうクリスマスの話題?

と自分でもびっくりですが、

 

何事も早め早めの準備が大切というわけで、

クリスマス絵本のお知らせです。

 

 

 

『おとうさんねずみのクリスマスイブ』

(クレメント・ムーア:原作/ダニエル・カーク:文と絵/わたなべてつた:訳)

2016年10月15日発売 32p 定価(本体1600円+税)

 

 

赤と緑のこの表紙、見ているだけで
クリスマスのワクワクした気持ちになりますね。
可愛い〜。
さて、
ここに描かれているのは誰と誰かしら?
小さなねずみは「としょかんねずみ」のサムに似ているような。
 
このねずみ、サムに似ているはずです。
 
実は「としょかんねずみ」サムのおとうさんなんです。
そう今回の主役はサムのおとうさん。
おとうさんねずみのおはなしです。
 
そして、サムのおとうさんと一緒に描かれている白いひげの
丸い顔の人はいったい誰でしょう?
なんだか木彫りのお人形みたいな不思議な感じですね。

 
このおとうさんねずみのクリスマスイブのおはなし、
少しだけご紹介。

 
”それは あるクリスマスの まえのばんのことでした。
いえのなかは しずまりかえり、
なにひとつ、うごくものは ありませんでした。
 
ねずみいっぴき
をのぞいては。 (本文より)

 
誰も彼もが眠りついたクリスマスイブのこと。
ねずみ一家の小さなだんろにも、小さな靴下が並んでいます。
ここにも、どうかサンタクロースが来てくれますようにと。

 
 
しずまりかえった家の中で、
おとうさんねずみだけが目を覚ましていました。

 
その時、おとうさんねずみの耳に、
 
しゃんしゃんしゃん  と、
にぎやかな音が聞こえてきたのです。
 
あわてて、窓を開いたおとうさんねずみの目にうつったのは…。

 
 
さあ、ここから先は本をお待ちください。



 
木彫りのお人形みたいに不思議なおじいさん、
いったい誰なのかしら?


 
1922年にアメリカで発表されたクレメント・C・ムーアによるクリスマスの詩
”Twas the Night Before Christmas"「クリスマスのまえのばん」を  
ダニエル・カークが、サムたち、ねずみのクリスマスイブのお話にしました。
どのページも心が躍る素敵なシーンでいっぱいです。
小さなお子様から「としょかんねずみ」シリーズを大好きでいてくれる人、
だれもが楽しめる絵本になりました。


 
じっくりと絵を見てくださいね。
あちこちにサムの気配がしているはずです。
「としょかんねずみ」シリーズの姉妹編、『おとうさんねずみのクリスマスイブ』
どうぞお楽しみに!!
zuiunsya * 新刊情報 * 17:42 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ