<< 『泥かぶら』大阪公演のお知らせ | main | 堀越千秋さん ありがとうございました。 >>

新潟県長岡市で、絵本『LIFEライフ』が子ども達へ寄贈されました。

先日、新潟県長岡市内の小学校、児童福祉施設あわせて63施設に、

弊社の絵本『LIFEライフ』が寄贈されました。

 

10月6日には、その贈呈式が行われたそうです。

 

 

『LIFEライフ』(くすのきしげのり:作/松本春野:絵)

 

 

贈ってくださったのは「長岡ベンチャークラブ」の皆様。

 

 

 

「長岡ベンチャークラブ」さんは、

地域社会の発展のための様々な慈善活動をされており、

 

その活動のひとつとして、

長岡市内の小学校と児童福祉施設に絵本を寄贈する

「絵本寄贈事業」をされていらっしゃるのだそうです。

 

今年は『LIFEライフ』を入れて計2冊を63施設に贈られたそうです。

寄贈式の様子を知るには ⇒こちら

 

 

 

実は今回、寄贈にあたり作者であるくすのきしげのりさんから、

長岡市の皆様に宛ててメッセージをいただきました。

 

 

 

作品にこめられた思いや、

この本を寄贈される長岡市のみなさんへの思いが綴られた

心温まるメッセージです。

 

寄贈式では、選書にも関わってくださった、

「ちいさな書店 little books」の店主さんで、

絵本セラピストでもある ひろかわかよこさんが、

本の読み聞かせをしてくださったのだとか。

 

そして、このくすのきしげのりさんからのメッセージは、

 

本を手にする子ども達皆が読めるようにと、

本の裏表紙に添付してくださっているとのこと。

 

 

本当に嬉しく有難いできごとでした。

たくさんの子ども達が、『LIFEライフ』を読んでくれますように。

 

 

”人が生きるということは、楽しいことや、うれしいことや、

幸せなことがある反面、いやなことや、悲しいことや、つらいこともあります。

それでも、一日一日を大切に生きていくことによって、

人生というものは豊かになるのだと思います。…”

 

くすのきしげのりさんのメッセージからの一部抜粋です。

 

小学生の頃にこんなお手紙読みたかったなあ。

 

(全文は、長岡ベンチャークラブさんのブログで読むことが出来ます。)

長岡ベンチャークラブさんのブログ ⇒こちら

 

 

 

            (絵本『LIFEライフ』より)

 

 

 

 

 

zuiunsya * - * 14:10 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ