<< クリスマスには絵本を贈ろう | main | クリスマスには絵本を贈ろう >>

クリスマスには絵本を贈ろう

子ども達は、サンタクロースにお願いするプレゼント、

今年はもう決めたかしら。

ゲームかな?

おもちゃかな?
本や絵本をお願いした子はいるかしら。
本や絵本をプレゼントしてくれるサンタクロースも沢山いてくれるといいな。
誰かに何かをプレゼントするって案外難しいことです。
なんでもいい、ってわけにいきませんから。
そんな事を考えていたら、この本のことが頭に浮かびました。
『みにくいおひめさま』  
フィリス・マッギンリー:作 まさきるりこ:訳 なかがわそうや:
なにもかもめぐまれたお姫様なのに、残念なことに
エスメラルダは美しくありませんでした。
そんなエスメラルダを、魔法使いでもない町の普通の人、
グッドウィル夫人が美しくしてくれるといいました。
そして、グッドウィル夫人の家で5人の娘達とくらしているうちに、
エスメラルダの中のなにかが変わり、奇跡がおこりました。
      
美しいってなに?
どうしたら美しくなるの?
そんな事を考えさえてくれる童話です。
さて、このおはなしにはエスメラルダを美しく変える
3つの魔法が書かれているのですが、
3つ目、最後の魔法は「プレゼント」がおこしてくれます。
明日は、5人姉妹の末っ子、エコーの誕生日。
皆が、エコーの為に贈り物を用意しているのに、
エスエラルダだけはしょんぼりしていました。
エコーのための贈り物を考えつかなかったのです。
でも、眠れぬ夜をすごしたエスメラルダは、
やがてあるプレゼントを思いつきました。
そして、そのプレゼントをエコーに手渡した瞬間、
エスメラルダに最後の魔法がおこりました。
読んでいて、ちょっとうるっときてしまいました。
エスメラルダ、良い子です。
    
「人に喜こんでもらえる」ものを選ぶ、考える。
誰かが自分の為に時間を割き、一生懸命考えてくれた
「プレゼント」
それはもう、本当に嬉しいですね。
プレゼントは贈られる「物」だけではなくて、
その中にある、たくさんの思いや愛が喜びを運んでくれるのでしょう。
今年のクリスマスは、あなたが選ぶ絵本、本をプレゼントにどうぞ♪
zuiunsya * - * 17:54 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ