<< クリスマスには絵本を贈ろう | main | 2017年は酉年! >>

クリスマスには絵本を贈ろう

プレゼントと言って思い出す絵本に、
アーディゾーニの『あかいえのぐ』があります。
        
   (エドワード・アーディゾーニ:作 津森優子:訳)

 

サラとサイモンのお父さんは画家です。

とても良い絵を描くのですがなかなか売れません。

家族は貧しい暮らしをしていましたが、

いつも仲良く暮らしていました。

 

お金が足りなくなるたびに、色んなものを売ってその場をしのいで

いたのですが、ある日とうとう何も売るものがなくなってしまいました。

 

お父さんが今描いている傑作さえ売れれば、なんとかなるのに。

 

 

明日までに描き終えれば買うという人がいたのです。

でも、最後の仕上げに使う赤い絵の具がありません。

 

お父さんは、子ども達に画材屋さんに頼めと、

お使いに出すのですが、絵の具はもらえませんでした。

 

その夜は、家族みんな悲しい気持ちでいっぱいでした。

明日からどうしたら良いのでしょう。

 

ところが!

次の朝、素晴らしいプレゼントが届きました!

 

 

つらい出来事が起こって絶望の中で身動きが取れない…、

人生には、そんな時もあるかもしれません。

 

でも、一晩眠って夜が明けたら、思ってもいなかった

奇跡のようなことが待っているかもしれなません。

子ども達には、今が最低! な気持ちになる日があっても、

絶望の変わりに「きっと明日こそ」という希望を持って欲しい

と願います。

 

1冊の絵本は、色んなことを語ります。

 

読み終わった後で心に響いた出来事は、記憶のどこかに必ず残ってくれる。

いつか苦しい気持ちになった時に、

「サラたちのような奇跡が起こらないとは限らない!」と、

呪文のように唱えてもらえたらいいなと思います。

 

この本を読むと、いつもそんな気持ちになります。

 

絵本の中には、ひとたびページを開いたら、中にたくさんの夢や愛が溢れていて、

一生の宝物になるような作品が沢山あります。

 

大好きなおもちゃも嬉しいけれど、素敵な絵本は一生の宝物です。

 

クリスマスまであと3日。

 

クリスマスには絵本を贈ろう!

 

 

 

zuiunsya * - * 15:55 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ