<< 『ドイツ人に敬愛された医師 肥沼信次』 | main |

『ほら なにもかも おちてくる』刊行しました

【4月新刊のお知らせ】

『ほら なにもかも おちてくる』刊行しました。

 

(ジーン・ジオン:文/マーガレット・ブロイ・グレアム:絵/まさきるりこ:訳)

2017年4月15日刊行 定価(本体1300円+税)

 

 

はなびらが、テーブルのうえに おともなく おちてきます
かぜにまって たのしげに
 
花びらも、りんごも 雨も雪も、
ほら、なにもかも落ちてきます。
自然の営みの豊かさや不思議さを伝える美しい絵本。

 

 

考えてみれば、地球に暮らす私たちの周りのものは、みんな、みんな、

地上に向かって落ちてきます。

 

 

 

当たり前のことだけれど、

いつも意識はしていないけれど、

何もかもが地上に向かって落ちてきて、
そして、それらはみんな受け止められている。
当たり前の不思議と、当たり前の素晴らしさに囲まれて、
私達が生きていることを、この絵本は伝えているように思います。

 

 

 

この作品は、ロングセラー絵本『どろんこハリー』(福音館書店)
の作者夫妻によるデビュー作品ですが、
ジーン・ジオンのやさしい言葉も、マーガレット・ブロイ・グレアムの
描く絵もとても素敵で、どのページもすみずみまで見惚れてしまいます。
これは、後半に出てくる夕暮れ時の田園風景。

 

もうすぐ暗闇の中に沈んでいくであろう、

納屋や、石垣やサイロの、色彩のなんと美しい事!

カーブを描く道路。走る車。
立ち並ぶ木立や納屋へと帰ってくる牛や人。
遠く見える山並み、大きな月。
普通の生活や日常の平和を思います。

 

 

そして、クライマックスはお家の中のできごとです。

 

生活の中でだって、手を離れたものはみんな、落ちてきて、転がって、崩れます。

でも、「たかい たかい」でしょうか、お父さんがジミーを、ぽ〜んと放り上げたら……
受け止めてくれる、優しい腕は平和の象徴にも思え、

 

帯には
「あたりまえのことが ほんとうは こんなに すばらしい」
と書かせて頂きました。

 

ぜひ、手にとって、最後のページまでご覧いただけますように。

 

 

ところどころで黒ネコちゃんが良い脇役で登場しますので

 

それもどうぞお見逃しなく!

 

 

1952年コルデコットオナー受賞作品のこの美しい絵本は、翻訳家の小宮由さんの企画、編集で、2005年にあすなろ書房から『あっ おちてくる ふってくる』の書名で刊行されていました。今回、『ほら なにもかも おちてくる』と改題し、あすなろ書房版でも翻訳を担当された間崎ルリ子さんが、全面的に文章を見直しての刊行となります。

 

 

zuiunsya * - * 17:38 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ