<< カンテレアナウンサー朗読会で『Lifeライフ』!! | main | おほしさまアップルパイ! >>

『おほしさまの ちいさなおうち』10月新刊のお知らせ

【10月新刊のお知らせ】

 

『おほしさまの ちいさなおうち』 10月1日発売

 

 

(渡辺鉄太:文/加藤チャコ:絵)

ISBN:978-4-907613-22-8

32p オールカラー 定価(本体価格1,300円+税)

「おほしさまは、よぞらにいるだけじゃないのよ。

とびらもない、まどもない、ちいさなあかいおうちに すんでいるの」

 

そうお母さんに教えられた男の子が、

おほしさまの ちいさなおうちを探しに冒険に出かけました。

 

 

 

出会った女の子に

「とびらも まどもない、なかに おほしさまの

すんでいる ちいさな あかいおうちが どこになるか しらない?」

と聞きましたが、

 

「そんなおうち しらないわ」

 

「わたしの おとうさんに きいてみたら。

おとうさんなら、農場のことなら なんでも知ってるから」

 

……でも、お父さんは知りませんでした。

お父さんは、
「美味しいお菓子も作れるし、毛糸の手ぶくろの編み方も知っている
丘のふもとに住んでいる おばさんに聞いてごらん」
といいました。
 
おばあさんは、
「あちこち旅してまわる、かぜに聞いてごらん」
と言いました。
 
かぜは、男の子の背中を押して、丘の上の果物の木が
生い茂っているところへ連れて行きました……。
さて、男の子の探している
「とびらも まどもない、なかに おほしさまのすんでいる
ちいさな あかいおうち」ってなんのことだと思いますか?
男の子は、見つけることができるでしょうか?

 
秋になると、アメリカやオーストラリアなどの英語圏の国で、
子ども達に繰り返し語られてきた、素敵なお話が絵本になりました。
謎解きも、繰り返し出てくる言葉も楽しくて、
お話会では、お話の最後に「おほしさまの おうち」の
実物を見せては大盛り上がりするそうです。
 
豊かな自然に恵まれたオーストラリア在住の
渡辺鉄太、加藤チャコ夫妻による美しい絵本です。
長く読み継がれる絵本になってくれますように。
zuiunsya * - * 14:46 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ