<< 箕面・世界子どもの本アカデミー賞で『としょかんねずみ』が絵本大賞!! | main |

『ある子どもの詩の庭で』改訂版発売のお知らせ

『ある子どもの詩の庭で 改訂版』 発売のお知らせ

(ロバート・ルイス・スティーブンソン詩/イーブ・ガーネット絵

まさきるりこ:訳)

『宝島』『ジキル博士とハイド氏』などの作者として

著名なロバート・ルイス・スティーヴンソンには、

1冊だけ “A Child's Garden of Verses" という

子どものための詩集があります。

 

1885年に出版されて以来、

様々な時代に、その時代を代表するような

素晴らしい画家がイラストをつけてきました。

 

瑞雲舎では、2010年の9月にイーヴ・ガーネット版(翻訳 間崎ルリ子)

を出版していましたが、今回はその改訂版になります。

 

 

 

           (カバー下、表紙より)

 

イーヴ・ガーネット(『ふくろ小路1番地/岩波少年文庫)の絵は繊細で、

品があって、子ども達がとても可愛いです。

 

 

初版時のことを懐かしく思い出すのですが、

発売直後に、今はもう閉店してしまった神戸の老舗書店、海文堂さんで

書店内の週間売上第1位になったことがあります。

「子どもの詩集が売上第1位に!」と、皆で驚いたものでした。

 

それからやや10年。
このところしばらく在庫がきれていて、
この詩集を愛してくださっている方から、
ぜひ重版を、というお声をいただいていたのですが……。
そんな中、神戸の(やっぱり神戸!)児童書専門店さんから、
「ぜひ重版してください」という、丁寧なお手紙をいただきました。
「この詩集と、『孔雀のパイ』(デ・ラ・メア/瑞雲舎)、
『ライラックの枝のクロウタドリ』(ジェイムズ・リーヴズ/こぐま社)をたくさんの
人の手にとっていただきたくて本屋をはじめました」とありました。
そして、封筒の中には、『ある子どもの詩の庭で』の詩の朗読の入った
USBメモリが同封されていました。
さっそく聞かせていただいたら、
暖かい心地よさが伝わってきて、詩は目で読むものではなくて、
耳から読むものだなあと改めて感じました。
自分でも声に出して読み直してみると、
19世紀のイギリスの子ども部屋へと心が運ばれ、
そこで遊ぶ子ども達の姿が見えるような気がしました。
                   (中扉より)
それからすぐに重版を決め、翻訳してくださった間崎ルリ子さんにご相談したところ、
久しぶりの重版ということで、全文を見直してくださることになりました。
一度出来上がっている作品を最初から全て一から見直すのは、
ページ数も多いですから、とてもエネルギーのいる大変な作業でいらしたかと思います。
こうして、間崎さんとの何度かのやり取りを経て、11月初旬に『ある子どもの詩の庭で』は
新しく改訂版として生まれ変わることができました。
改訂版の文字を入れることから書名のデザインが若干かわり、
背のデザインも変更になっています。
出来上がった詩集は、改めてページをめくってみると隅々まで本当に美しいです。

 
ところで、お手紙をくださったのは、児童文学専門店の「いい本屋 COME HITHER」さんです。
お店の紹介が神戸新聞のサイトにあります。⇒こちら
この文の中に岡本にあったひつじ書房さん、神戸の海文堂さんのお名前があります。
かつて、『ある子どもの詩の庭で』が発売になった時、
お世話になった書店さんの海文堂さんや、絵本専門店のひつじ書房さんのお名前をここに発見して、
今はもうない二つのお店が、瑞雲舎にプレゼントしてくれたような気持ちになりました。
関西の方、ぜひ「いい本屋 COME HITHET」さんへ伺ってみてください。
改訂版、沢山仕入れしてくださっています。
来年の2月16日(日)には、いい本屋の店主である、井伊真希さんの
「子どもと楽しむ絵本と詩」と題した講演会があるそうです。 
詩集、なかなか書店さんでお取扱いただくのが難しいようで、
大型書店さんでも1冊しか入っていないかもしれません。
ご希望の方は、ご来店前に書店さんにご注文頂ければ幸いです。
『ある子どもの詩の庭で 改訂版』ISBN:978-4-907613-29-7
とご注文ください。
ネット書店さんでも購入ができます。
amazon ⇒こちら
楽天 ⇒こちら
この詩集の最後の詩
「この本を読む子どもたちへ」より抜粋です。
その庭に今もいるのは、その子の心。
今も、心はその庭にとどまって、こうして遊んでいるのです。
zuiunsya * - * 15:59 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ