<< 『てのひらすいぞくかん』でも、遊べるよ! | main | お家で遊ぼう! ことば遊び「濁音遊び」 >>

お家で遊ぼう! ことば遊び「しりとり」

家でできる遊びで、何も準備しなくてもできるもの……?

 

と考えたら、一番先に頭に浮かんできたのが

「しりとり」

なんと言っても事前準備ゼロでできるのが嬉しい(笑)

片手間でもできちゃう。

なんなら、食事の支度しながらでもできます。

寝転んでてもOKです。

 

子どもが小さかった時、家族旅行では車の中、列車の中、お宿の中、

いつでもどこでも「しりとり」していた懐かしい思い出。

お手軽な時間つぶしだったなあ。

 

小さい時は小さいなりに。

少し大きくなったら、「動物の名前だけで」とか

「カタカナ」のものだけとか、しばりをつくって遊んだこともありました。

 

飽きてきたら、ふざけて、なんてもアリにして、

リンゴ食べるゴリラ!

ラッパふいてるサル!

る?

る?

 

るすばんしている、サル!

とかね。

 

瑞雲舎の絵本に
和田誠さんのことば遊び絵本の王様『ことばのこばこ』があります。
この中にはことば遊びが18種類のっていて、
勿論、この中にも「しりとり」があります。
「しりとり」と言っても普通の「しりとり」ではありません。
工夫され具合がすごすぎて、初めて見たときは、
しばし和田誠さんの天才っぷりに呆然としました。
単語しりとりではなくて、
文章のしりとりです。
しかも「二文字しりとり」!!
文章の語尾の二文字が、
次の文章の頭の二文字に使われているのです。
ことばのこばこ ^貳嶌能蕕離據璽犬任后
くものむこうに なにかある
あるぷすのゆき あるのかな
かなだのもりが はらっぱか
こんな感じ。
反対側のページも気になるでしょ?
この絵本がお家にあればよいけれど、なかったら、
今は図書館もお休みだから、当分見られないというお子さんのために、
今だけ、こっそり一部だけどお見せしましょう。
どう?
すごくないですか?
「二文字しりとり」にびっくりしてたら、それどころではありません。
14行にわたって、ちゃんと詩になっていて。
しかも!
くも で始まった「二文字しりとり」は、
最後の行の語尾でちゃんと くも で完結している!!
ああ、びっくり。
ことば遊びって、奥が深いですね。
なんにも用意しなくてもできるけど、
突き詰めたら、どんなところまでも突き詰められそう。
ああ、
そうしたら紙と鉛筆は必要になるかな。
親子で、友達同士で、日本語、ひらがなのすごさを再認識する
良いチャンスかもしれません。
誰でもどこでもできる「しりとり」ですが、
すごいことができるかも。
ぜひ遊んでみてください。
参考『ことばのこばこ』
(和田誠:作/瑞雲舎/瑞雲舎版初版1995年)
zuiunsya * - * 00:00 * comments(0) * - * pookmark

コメント

コメントする









このページの先頭へ