<< お家で遊ぼう! ことば遊び「しりとり」 | main | お家で遊ぼう! ことば遊び「一文字変えたら」 >>

お家で遊ぼう! ことば遊び「濁音遊び」

家でできる遊び 

何も準備しなくてもできる…その2

 

「ことば遊び」は準備してなくても、いつでもどこでも遊べますよ。

今日ご紹介するのは『ことばのこばこ』(和田誠:作)の中の

 

「ことばあそびぁ廚ら  濁音、ことば遊び 

 

ひらがなは、濁点が付くと濁音になります。

例えば、か⇒が さ⇒ざ のようにです。

 

ある言葉の一文字に濁点がついて濁音に変わると、

すっかり意味が変わってしまいます。

「さる」と「ざる」では全く違うものですね。

 

そんな風に、濁音が入ってる単語と入ってない単語を使って、

短い文を作って遊びます。

 

まずは、その前の第一段階。

濁音のあるなしで、どれくらい言葉の意味が変わるか探してみましょう。

 

あひる ⇒ あびる

おなが ⇒ おなか

 

次に、濁点のついた単語とつかない単語の二つを入れて短い文を作ってみます。

こうなります。

 

あひるがみずをあびる

おながおなかがすいた

 

 

ちなみに、『ことばのこばこ』の付録でついている冊子

「対談 ことばの小宇宙 

高橋康也(英米文学者・東大名誉教授)vs 和田誠(イラストレーター)」

(…お二人とも、故人になってしまいました)

の中で、和田誠さんはこんな風に書かれています。

 

<<濁点があるかないかで言葉が変わるというもので、

有名な「世の中に澄むと濁るの違いにて、

はけに毛があり、はげに毛がなし」という、

あれのバージョンです…>>

 

『ことばのこばこ』の中では、濁音遊びの文には

全部鳥の名前が入れられています。

そして登場する鳥を、和田誠さんが絵にしています。

絵があることで、濁音になった時とならない時の差がより

明確に伝わってきます。

 

 

ちょっと、本をお見せしましょうね。

 

 

 

反対側のページも特別にどうぞ!

 

 

 

よくこんなこと考えられるなあ、すごすぎ! 

と思いますけど、私もちょっとやってみたくなりました。

(絵は描けません)

 

きじきしべにおりたった

 

どうでしょう(笑)

 

もっと考えたかったのですが、なかなか鳥の名前が思い浮かびません。

鳥の名前を知ってないと、作れないということに気がつきました(笑)

 

動物でもできるかな?

 

ふたをもちあげるぶた

ぞうにのったらたのしそう

 

とかどうでしょう。

 

色々考えてみてください。

(案外、鳥の名前が浮かばなくて、残念ながらそばに図鑑類が何もなかったので、

ネットで「鳥の名前」と検索してみたのですが、

名前だけ知ってるのに姿を知らなかった鳥やら、

初めて見たわという鳥もいて、それはそれで楽しかったです。
ヒトの興味って、意外なところで満足させられるものですね)

それから、ひょっとしたら紙と鉛筆を用意した方が良いかもとも思いました。

だって傑作が出来上がったら、誰かに見せたくなりますからね。

 

では! 楽しいことば遊び考えてみてください。

 

参考 『ことばのこばこ』(和田誠:作/瑞雲舎)

 

 

 

 

 

 

 

zuiunsya * - * 01:00 * comments(0) * - * pookmark

コメント

コメントする









このページの先頭へ