<< お家であそぼう! ことば遊び「オノマトペ」 | main |

世界で1冊だけの本を作ろう

 

家でできる楽しいこと。

「世界で1冊だけの自分だけの本を書く」というのいかがでしょう。

 

瑞雲舎の絵本『としょかんねずみ』に素敵なヒントが書かれています。

(ダニエル・カーク:作/渡辺鉄太:訳)

 

 

図書館に暮らすサムというねずみが主人公の絵本ですが、

サム君、この絵本の中で自分で本をなんと3冊も書いています。

1冊書くだけでも大変なのに3冊もなんてすごいでしょう?

 

絵本の中に、本を書くのに大事なヒントが書かれているので、

一緒に見てみましょう。

 

《サムの頭の中には、本で読んだことや、勉強したことが

ぎっしり詰まっていました。知らない世界の風景や、

夢や空想の世界でいっぱいでした。

そこである晩、サムは自分で本を書いてみることにしたのです!》

 

サムは、いっぱい本を読んで色んな事が頭の中にたくさん、

詰め込まれていました。

普通に生活しているだけだと、体験できることはそんなに多くはありません。

だけど、本を読むことで知らない国や、そこで暮らす人やその暮らしを知ることができます。

もしかしたら、夢のような冒険もできるかもしれませんよ。

主人公が感じた楽しさや、悲しさ、苦しみも知ることで、

何を思い、どんな風に感じて、どう考えたかもわかります。

そういうことを「体験が増える」って言うのかな。

 

体験が増えて知ってることが多くなると、

想像できることがいっぱい広がっていって、

それを誰かにも伝えたくなるのかもしれませんね。

ともかく、いっぱい本を読んでいたサムは、本を書き始めました。

 

え〜っ、あんまり本を読んでないからダメかしら?

と思う人もいるかもしれませんね。

 

でも大丈夫。

サムはこんなことも教えてくれます。

 

 

 

《あなたの良く知っていることを書きましょう》

 

そう作文の本に書いてあったんですって。

このページのサムは、鏡に向かってポーズをとって、それを見ながら絵を描いています。

知らないことは描けませんものね。

 

これも大きなヒントですね。

知っていることから書き始めたら、もしかしたらそこが始まりで、

どんどん世界が広がっていくかもしれません。

 

サムもこの1巻目では、自分の生活、ねずみの毎日について書くことにしました。

出来上がった本の題名は『ちゅてきなねずみのまいにち』

どんなお話なのか読んでみたくなりますね。

みなさんも、自分の良く知っていることで、だれかに話したいようなことが

きっといっぱいあるんじゃないかしら。

それをぜひ本に書いてみてください。

 

さて、まず書き始めようと思ったら、必要になるのは紙とエンピツ。

サムも、白い紙を何度も小さく折って本を作った、と書いてあります。

 

私も作ってみました。

まずは白い紙を用意して、

こんな風に折ります。

 

それを横半分に折ってから、

真ん中を切りこみを入れます。
開いて上から見たらこんな感じ。
ぎゅっと縮めると、
簡単な8ページの本ができます。

 

やってみてね。
(白い本の作り方は、インンターネットで検索したら動画も色々でてきます。)

*****************************

 

サムは、本を読むのが大好き。

あんまりたくさん本を読んだので、

頭の中が夢や物語でいっぱいになって、

とうとう自分でも本を書いてしまいました。

 

せっかく書き上げた本なので、

こっそりそれを図書館の本だなに並べておくと…、

 

翌日、図書館にやってきた人たちが見つけて大人気に。

とうとう、みんながサムに会いたいと言い出したので、さあ大変!

 

でもサムは、とても良いことを思いつきました。

(このアイデアがとっても素敵)

 

サムの思い付きのおかげで、図書館にやってくる子どもたちが

みんな、世界で1冊だけの本を作り始めました、というお話です。

 

 

発売当時、たくさんの子どもたちから、手作りの絵本の写真や、

図書館や学校で開かれた手作り本作りのワークショップの様子の写真を

送っていただきました。

【参考『としょかんねずみ』】

 

過去記事(2012.5.8)

『ちゅてきなねずみのまいにち』⇒コチラ

 

zuiunsya * - * 10:09 * comments(0) * - * pookmark

コメント

コメントする









このページの先頭へ