お家であそぼう! ことば遊び「オノマトペ」

今日の関東地方は寒い雨と雪の一日になりそうです。

外出自粛ということもあって、じっとお家にこもってる人が多いでしょうね。
ということで。

お家でできる遊び…その
今日は、紙とエンピツがをご用意ください。
和田誠さんのことば遊び絵本『ことばのこばこ』の中のθ嵬椶陵靴咾任后
ことば遊び「オノマトペ作り」

「オノマトペ」って初めて聞いたって人もご心配なく。
きっと普段、あたりまえのように使ってますから。
オノマトペとは、擬音語と擬態語の両方を指して言います。
実際に聞こえる音を言葉に置き換えたのが擬音語。
例えば雨音を表現する時なんかに大活躍しています。
日本は雨が多いですからね。
あめがシトシトふっている。とかね。
ポツポツポツンポツンザーザー……
(わかりやすいように、カタカナで表記してみました)
ほかにもいっぱいありますね。

擬態語は「有様ことば」とも言われていて、
物事の状態・身ぶりが伝わるように、言葉に置き換えて表現したもの。
こっちは、
ぶるぶる震える、わなわな震える、わくわくする、
(これはカタカナにすると、ちょっと雰囲気でないのでひらがなで)
みたいな感じ。
なるほど、でしょう? よく使っていますよね。

このオノマトペには、同じ言葉を2回繰り返して表現するものが多くて、
今日ご紹介するのは、その「繰り返し表現」することばを作る遊びです。

まず最初に、名詞(物の名前)を一つ決めます。
そして、それを二回繰り返すことでできるオノマトペを作りましょう。
この時、最初の名詞と次のオノマトペは、全く意味が違うものにするのが約束。
例えば、和田誠さんが考えたのをご紹介しますね。
(『ことばのこばこ』より)
たら(魚の名前) これを二回繰り返したら  たらたら
確かに、意味が変わりました。
ぱり(フランスの首都) も二回繰り返すと ぱりぱり 

二つが全く意味が違うというのが、イラストがついていることで
はっきりしますね。

これは、一人で考えても面白いけど何人かで競争するのも面白いです。
紙に書きだして、たくさん書けた方が勝ち。
ゲームになりますね。

オノマトペは、とても感覚的な表現なので、
自分はそう感じた! と思えばどんなことばをつかったって、
オノマトペにはなってしまうのですが、
ゲームにする時は、よく使われているオノマトペでいきましょう。
一応、ゲームのしばりということで。

それにしても、オノマトペって「音」だったり「様子(有)」を
表現する言葉ですから、それを絵で表すって……。
そこのアイデアがすごいですね。

そばに絵本がない〜という人のために、今日は片側のページだけ
ナイショでお見せします。
参考になるかしら。
もう反対側のアイデアも知りたいという人は
絵本を見てくださいね。

さあ、いろんなことでめげそうになっている時は
うんと楽しいことして遊びましょう。
特別なものがなくても大丈夫。
紙とエンピツ、それだけあれば。
あとはアイデアね。
頑張りましょう。
参考『ことばのこばこ』(和田誠:作/瑞雲舎)
zuiunsya * - * 11:02 * comments(0) * - * pookmark

お家で遊ぼう! ことば遊び「一文字変えたら」

家でできる遊び

(外出しないのが最良ならば、家の中で楽しく時間を使う方法を

考えましょう)

 

何も準備しなくてもできること…その3

(これは紙とエンピツがあった方が良さそうです)

 

「しりとり」「濁音遊び」ときて、今日はちょっと難しいかな。

頭をフル回転!

 

『ことばのこばこ』(和田誠:作/瑞雲舎)の言葉遊び

ことば遊び「一文字変えたら」

 

「単語の中の一文字を入れ替えて、意味の違う単語を作る」

を繰り返していって、最初の単語を最後には指定されていた違う単語に作り替えるという遊びです。

 

ああ「タブレット」ね。

と気が付かれた方は、かなりのことば遊びのプロ!

『不思議の国のアリス』で著名なルイス・キャロルが考え出した
ことば遊びだそうで、正式にはダブレットと言うのだそうな。

(Doublets が本来の名前なんですって)

*詳細をお知りになりたい方は、

三省堂 辞書ウェブ編集部 Dictionaries & Beyond |三省堂 WORD-WISE WEB
三省堂 辞書ウェブ編集部による ことばの壺 ⇒コチラ

 

ルイス・キャロルが作ったことば遊び。

<<「ことばのはしご(word ladders)」とも言われていて、

例えば「cold(冷たい)を warm(暖かい)にせよ」というお題を与えられると、

cold → cord(コード)→ card(カード)→ ward(病室)→ warm

といった具合に1文字ずつ変えてゆき別の単語に変形させる遊び>>

 

日本語(ひらがな)だったら、どうやるのかしら。

 

 

『ことばのこばこ』で和田誠さんが、どんな風に考えたのか

ちょっと絵本を見てみましょう。

 

「ことば」の「と」の字を「う」に変えると、

「こうば」……「ば」の字を「し」を変えると

「こうし」……

 

と、次々の一文字ずつ変えていって

最後に到達するのは、

 

そう!

 

最初が「ことば」で、最後の到着点が「こばこ」

書名の「ことばのこばこ」にかけてるんですよ。

 

すご〜〜い。

反対のページでも展開されています。

ちょっと意地悪で最初の一文字は見えないように写してあります。

(覗いてみちゃだめよ。見えないってことにしてね)

考えてみてね。

 

ここに付けられてる和田誠さんのイラストが大きなヒントになります。

それにしても「ことば」をイラストにするなんて、いったいどうするんだろう?

と思いませんか。

「かおり」も!

絵で表現することなんてできないように思うのですが。

この絵を見たら、なるほど! と感心してしまいました。

 

 

和田誠さんは「ことば」を「こばこ」に到着させるタブレットを

(ダブレットか?)2種類も掲載されています。

もっと作れるのかなあ。

 

ことば⇒〇〇〇⇒〇〇〇⇒〇〇〇⇒〇〇〇⇒〇〇〇⇒〇〇〇⇒こばこ

 

さあ、では皆さんもぜひチャレンジしてみてください。

スタートの単語と終点の単語を決めるのも楽しいですよ。

 

 

ちなみに、ルイス・キャロルの作ったタブレットの問題が興味深いです。

head (あたま)を tail(しっぽ)に、とか、

black (黒)を white(白)に

や、

army (陸軍)を navy(海軍)を合同せよとか、

witch (魔女)を fairy(妖精)に変身させよ。

なんてのがあるんですって。

 

そうそう。

日本語では4文字で始めるととっても大変だそうです(笑)

付録の「対談 ことばの小宇宙 高橋康也×和田誠」

の説明がとても面白いです。お家にある方は、ぜひ絵本だけでなく

付録の冊子もお見逃しなく。

参考『ことばのこばこ』(和田誠:作)

zuiunsya * - * 13:38 * comments(0) * - * pookmark

お家で遊ぼう! ことば遊び「濁音遊び」

家でできる遊び 

何も準備しなくてもできる…その2

 

「ことば遊び」は準備してなくても、いつでもどこでも遊べますよ。

今日ご紹介するのは『ことばのこばこ』(和田誠:作)の中の

 

「ことばあそびぁ廚ら  濁音、ことば遊び 

 

ひらがなは、濁点が付くと濁音になります。

例えば、か⇒が さ⇒ざ のようにです。

 

ある言葉の一文字に濁点がついて濁音に変わると、

すっかり意味が変わってしまいます。

「さる」と「ざる」では全く違うものですね。

 

そんな風に、濁音が入ってる単語と入ってない単語を使って、

短い文を作って遊びます。

 

まずは、その前の第一段階。

濁音のあるなしで、どれくらい言葉の意味が変わるか探してみましょう。

 

あひる ⇒ あびる

おなが ⇒ おなか

 

次に、濁点のついた単語とつかない単語の二つを入れて短い文を作ってみます。

こうなります。

 

あひるがみずをあびる

おながおなかがすいた

 

 

ちなみに、『ことばのこばこ』の付録でついている冊子

「対談 ことばの小宇宙 

高橋康也(英米文学者・東大名誉教授)vs 和田誠(イラストレーター)」

(…お二人とも、故人になってしまいました)

の中で、和田誠さんはこんな風に書かれています。

 

<<濁点があるかないかで言葉が変わるというもので、

有名な「世の中に澄むと濁るの違いにて、

はけに毛があり、はげに毛がなし」という、

あれのバージョンです…>>

 

『ことばのこばこ』の中では、濁音遊びの文には

全部鳥の名前が入れられています。

そして登場する鳥を、和田誠さんが絵にしています。

絵があることで、濁音になった時とならない時の差がより

明確に伝わってきます。

 

 

ちょっと、本をお見せしましょうね。

 

 

 

反対側のページも特別にどうぞ!

 

 

 

よくこんなこと考えられるなあ、すごすぎ! 

と思いますけど、私もちょっとやってみたくなりました。

(絵は描けません)

 

きじきしべにおりたった

 

どうでしょう(笑)

 

もっと考えたかったのですが、なかなか鳥の名前が思い浮かびません。

鳥の名前を知ってないと、作れないということに気がつきました(笑)

 

動物でもできるかな?

 

ふたをもちあげるぶた

ぞうにのったらたのしそう

 

とかどうでしょう。

 

色々考えてみてください。

(案外、鳥の名前が浮かばなくて、残念ながらそばに図鑑類が何もなかったので、

ネットで「鳥の名前」と検索してみたのですが、

名前だけ知ってるのに姿を知らなかった鳥やら、

初めて見たわという鳥もいて、それはそれで楽しかったです。
ヒトの興味って、意外なところで満足させられるものですね)

それから、ひょっとしたら紙と鉛筆を用意した方が良いかもとも思いました。

だって傑作が出来上がったら、誰かに見せたくなりますからね。

 

では! 楽しいことば遊び考えてみてください。

 

参考 『ことばのこばこ』(和田誠:作/瑞雲舎)

 

 

 

 

 

 

 

zuiunsya * - * 01:00 * comments(0) * - * pookmark

お家で遊ぼう! ことば遊び「しりとり」

家でできる遊びで、何も準備しなくてもできるもの……?

 

と考えたら、一番先に頭に浮かんできたのが

「しりとり」

なんと言っても事前準備ゼロでできるのが嬉しい(笑)

片手間でもできちゃう。

なんなら、食事の支度しながらでもできます。

寝転んでてもOKです。

 

子どもが小さかった時、家族旅行では車の中、列車の中、お宿の中、

いつでもどこでも「しりとり」していた懐かしい思い出。

お手軽な時間つぶしだったなあ。

 

小さい時は小さいなりに。

少し大きくなったら、「動物の名前だけで」とか

「カタカナ」のものだけとか、しばりをつくって遊んだこともありました。

 

飽きてきたら、ふざけて、なんてもアリにして、

リンゴ食べるゴリラ!

ラッパふいてるサル!

る?

る?

 

るすばんしている、サル!

とかね。

 

瑞雲舎の絵本に
和田誠さんのことば遊び絵本の王様『ことばのこばこ』があります。
この中にはことば遊びが18種類のっていて、
勿論、この中にも「しりとり」があります。
「しりとり」と言っても普通の「しりとり」ではありません。
工夫され具合がすごすぎて、初めて見たときは、
しばし和田誠さんの天才っぷりに呆然としました。
単語しりとりではなくて、
文章のしりとりです。
しかも「二文字しりとり」!!
文章の語尾の二文字が、
次の文章の頭の二文字に使われているのです。
ことばのこばこ ^貳嶌能蕕離據璽犬任后
くものむこうに なにかある
あるぷすのゆき あるのかな
かなだのもりが はらっぱか
こんな感じ。
反対側のページも気になるでしょ?
この絵本がお家にあればよいけれど、なかったら、
今は図書館もお休みだから、当分見られないというお子さんのために、
今だけ、こっそり一部だけどお見せしましょう。
どう?
すごくないですか?
「二文字しりとり」にびっくりしてたら、それどころではありません。
14行にわたって、ちゃんと詩になっていて。
しかも!
くも で始まった「二文字しりとり」は、
最後の行の語尾でちゃんと くも で完結している!!
ああ、びっくり。
ことば遊びって、奥が深いですね。
なんにも用意しなくてもできるけど、
突き詰めたら、どんなところまでも突き詰められそう。
ああ、
そうしたら紙と鉛筆は必要になるかな。
親子で、友達同士で、日本語、ひらがなのすごさを再認識する
良いチャンスかもしれません。
誰でもどこでもできる「しりとり」ですが、
すごいことができるかも。
ぜひ遊んでみてください。
参考『ことばのこばこ』
(和田誠:作/瑞雲舎/瑞雲舎版初版1995年)
zuiunsya * - * 00:00 * comments(0) * - * pookmark

ありがとう和田誠さん

和田誠さんが、2019年10月7日に亡くなられました。

イラストレーターとして素晴らしい作品を残されましたが、

絵本も沢山創られました。

瑞雲舎には、なんと言っても
ことば遊び絵本の王様のような絵本
『ことばのこばこ』があります。
日本語の楽しさが全て凝縮して詰め込まれたような絵本で、
改めてページをめくってみて、こんなすごい絵本、きっともう二度と誰も書けない…。
そんな思いが溢れて、悲しくなりました。
以前に書いたブログ⇒こちら
工藤直子さんとの楽しい絵本
『密林一きれいなひょうの話』(2018年)
この絵本は、(初版が銀河社さん)2018年の2月に瑞雲舎版となりましたが、
1975年初版ですから、和田さんが39歳の時の作品。
絵本を手がけられたはじめた頃の作品ですね。
以前描いたブログ⇒こちら
ポストカードブック『サニーサイドアップ』
もあります。
和田さんは亡くなられましたが、
その命は絵本の中にこれからもずっと生き続けて、
次の世代、更にその次の世代へと手渡され、
たくさんの子ども達を楽しませてくれることでしょう。
出版社として、その命を手渡し続けるよう頑張りますね。
和田さん、本当にありがとうございました。
ご冥福をお祈りいたします。
zuiunsya * - * 17:50 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

ことば遊び絵本

「ことば遊び」には色んな種類があります。
 
「しりとり」
りんご→ごりら→らっきょう→うさぎ…

なんだか家族旅行での車や電車の中の様子が
頭に浮かんできました。
飽きることなく何度も繰り返した思い出。

最後に「ん」がつかないように知恵をしぼり、
同じことばを繰り返さないために記憶力、フル活動。

「る」から始まるしりとりは難しい!

「早口ことば」
なまむぎ なまごめ なまたまご ♪
子どものころ、新しいネタを仕入れては、
誰かに披露するのが楽しみでした。

そう言えば何年か前のこと、
「ロシアの殺し屋、おそろしや」とか
「コロッケ、まっくろっけ」とか
新しい(新しくない?)早口言葉聴いて大笑いした記憶が(笑)


ことば遊びには、他にはどんな遊び方があるのかな?と思ったら、
ぜひ開いて見ていただきたいのが、


和田誠さんの『ことばのこばこ』

瑞雲舎から復刊刊行してからでも20年のロングセラー絵本です。
小学校の教科書でもご紹介していただいてますから、
ご存知の方もたくさんいらっしゃることでしょう。

この絵本には、ことば遊びがなんと18種類!!
 
遊び方のバリエーションがたくさんあることも凄いですが、
もっとすごいのは、
ことば遊びが、「絵」と一緒に楽しめるように工夫されているところ。

というより、「絵」があることでより一層ことば遊びが楽しくなるようにつくられているところ。
これぞことば絵本の王様です。




ほら。

絵があるから楽しさが体感できるって思います。


わたしが一番好きなのは
「擬音語あそび」

これは日本語でないと、なりたたない遊びのようです。
日本語ほど擬音語が豊かな国って、他にあまりありませんから。




すごい!!
名詞を、二回繰り返すと全然意味の違う擬態語、擬音語になっちゃう!
 
絵がついているから、小さい子どもでも十分楽しめます。
自分でも作れそう。

残りの16種類のことば遊びは、ぜひ本を手にとってご覧ください。


進学、入学のこのシーズンプレゼントにも嬉しい絵本です。
家族みんなで、ことば遊びを楽しんでみてください。

日本語って面白い!
ことばって楽しい!
 
日本語がだいすきになる絵本
『ことばのこばこ』(和田誠:作 瑞雲舎)



 
zuiunsya * おすすめ絵本 * 13:44 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

HPちょっとだけリニューアルしました

 え!?  どこ?

と思ったあなたは、瑞雲舎フリークね(笑)
 
おすすめ絵本、冬 だったのを にしました。

トップは
『ことばのこばこ』  和田誠:作  瑞雲舎  本体価格1,748円



この本、ご存知の方はご存知とは思いますが、とっても楽しいことば遊びの絵本です。
瑞雲舎で復刊してからもう16年、毎年のように増刷を続けているロングセラー。

18種類のことば遊びが載っていますが、この本で日本語の楽しさを知りました!
というお声をたくさんいただいています。

平成23年度から改正になる小学校国語教科書(三省堂、光村図書、教育出版)に掲載されます。



『どうぐ』かこさとし:作  瑞雲舎  本体価格1,200円



こちらも同じく、
23年度から小学校国語教科書(学校図書)に掲載されます。


かがく絵本の定番ですね。

春には少し早いですが、表紙の構成が変わっただけでなんだか春が近くなったような気分です。

インフルエンザ大流行中だし、まだまだ寒いし・・・

入学試験もこれからが本番ですが、とりあえず・・・春近し  です。


zuiunsya * - * 16:24 * - * trackbacks(0) * pookmark

瑞雲舎15周年記念読者謝恩サイン本フェア

現在、紀伊国屋書店南口店 児童書売場『瑞雲舎15周年記念 読者謝恩サイン本フェア』が開催中です。(売切れ次第、終了です)

瑞雲舎は今年の7月で創立15周年を迎えました。
それを記念して、読者のみなさまへの感謝の気持ちを込めて、瑞雲舎の創立以来大変お世話になっている15人の先生が、著書にサインをして下さいました。



『あれはだれの歌』 やなせたかし
『どうぐ』 かこさとし
『夢の果て』 味戸ケイコ
『ことばのこばこ』 和田誠
『ホテル』 黒井健
『なんでもはかせのなんでもパンツ』 舟崎克彦
『みにくいおひめさま』 中川宗弥
『おとうさん』 秋山とも子
『まつぼっくりのぼうけん』 バーナデット・ワッツ/松岡享子
『はやくちこぶた』 早川純子
『お月お星』 朝倉摂 
『狐とかわうその知恵くらべ』 太田大八
『天さあがった男』 片山健
『ふるやのもり』 堀越千秋
『瓜子姫っこ』 飯野和好

諸先生方、お忙しいなか、無理なお願いを受けていただきまして、本当にありがとうございました。

これまで瑞雲舎の本をお読み下さった読者の皆様、本当にありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いいたします。




zuiunsya * - * 16:43 * - * trackbacks(0) * pookmark

入学お祝いに。

すこし前までとても寒い日が続いていましたが、最近はよく晴れて暖かい日が続きますね。会社の周りでも桜が満開です。
春は入学・進学シーズン。
入学お祝いに本をプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

ことばのこばこ』。

著:和田誠

雨が飴で描かれているページや回文が紹介されているページもあり、
日本語のおもしろさ、楽しさに気づける1冊です。

例えば・・・

『くものうえにはなにがある
→『あるぷすのゆき あるのかな
→『かなだのもりか はらっぱか
→『ぱかぱかうまもかけていく
→『いくらよんでもきこえない
→『ないるのかわの そのむこう』

なーんて。本文はまだまだこの続きがのっていますが、これだけでも面白いですよね。
すこし前に紹介いたしましたが、『ことばのこばこ』オススメです。


ちびくろ・さんぼ三巻セット
まだ読んだことのない方にもオススメです。
特別ケースに収納してお届けいたします。

zuiunsya * 瑞雲舎の本の紹介 * 16:40 * - * trackbacks(0) * pookmark

ことばあそび

この時期、とっても売れ行きが良くなる本と言えば
『ことばのこばこ』和田誠:作 定価(1,748円+税)

一年を通してご愛読いただいてますが、2月くらいから書店さんで平積みしていただくことが多いせいか、元気に倉庫から出て行ってくれます。

1995年の初版から13版。現在14版を増刷中。

絵を書いている僕を書いた絵をかいているぼくをかいたえをかいている・・・

ユーモアが溢れセンスが光るこの絵本、新学期のお祝いにいかがでしょう(^o^*)
zuiunsya * - * 15:48 * - * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ