『てのひらすいぞくかん』でも、遊べるよ!

昨日ご紹介した『てのひらどうぶつえん』に続き

今日は、『てのひらすいぞくかん』を参考にして
手形の上に線や絵を描きたして、海の世界を作ってみましょう!

 

 

 

 

【用意するもの】紙、クレヨン、サインペンなどの筆記用具、
手形をとるために手のひらに色を付けることができるもの。

 

 

 

 

日本理化学さんが作った安全安心なクレヨン、キットパスや、
手形をとる用にできているスタンプ(人体に無害)
があると便利です。
が、なくても、お家にあるものでもできますよ。
絵具を溶かして台所用のスポンジに吸わせて、
そこにポンポンと、てのひらをくっつけると色が付きます。
それを紙にぺたっ!
手形をつくるだけでも、楽しい! からたくさん、ぺたぺたしたくなります。
せっかくだからいっぱい作っちゃいますか?
今日の日付を書いておいたら、良い記録にもなるかもしれませんね。
この手形をじ〜〜〜っと見て、
そこに線や絵を描きたすと、
海の中の生き物ができます。

 

 

ふむふむ。
横にしてみたりしても良いかもしれません。
例えば、この手を二つくっつけると……、
カニ!
イカ! とか。
そして、
カメ! も。
海の世界は、生き物がたくさん。
小さな魚は群れで泳いでいます。
ほら、こんな風に。
にぎやかなのが、とっても素敵です。
もし今、毎日を学童はじめ何人かで集まって日中を過ごされているとしたら、
教室以外で大勢で一緒に何かできるなんて、
こんな機会、今しかないかもしれません。
みんなで一緒にチャレンジしてみてはいかが?
発想の転換!
せっかくだから、良い思い出を作ってください。

 


 

 

以前、「てのひらすいぞくかん」を使って作品制作されたというご報告を頂いて、
そのことを写真入りでブログに書かせていただいています。
このブログの上にある検索の小窓に「てのひらすいぞくかん」と
入れたら、いくつか記事がでてきて作品も見ることができます。
過去の記事⇒こちらから
とっても素敵なので、ぜひ見てみてください。
一人での作品作りも楽しいけど、
みんなが集まって一緒に制作すると、大きな作品も作れるし、
自分だけでは思い浮かばなかった発想も教えてもらえて、
すごいものができあがるかもしれませんよ!

 
『てのひらすいぞくかん』
(ハン・テヒ:作/やの もみこ:訳/瑞雲舎 2011年初版)
zuiunsya * - * 16:34 * comments(0) * - * pookmark

小学校で『てのひらすいぞくかん』ワークショップ

楽しいワークショップ開催のご報告をいただきました。

瑞雲舎の絵本『てのひらすいぞくかん』

(ハン・テヒ:作/やのもみこ:訳)

を使って、ワークショップを開催してくださったそうです。
 
素敵な作品の写真も送っていただきました。
 
まさに海の世界が出現したって感じですね。
窓を背景にした展示もナイスアイデア!
後から光があたって、海の生き物たちが自由に泳ぎまわっている様子が
見事に浮かび上がっています。
 
魚達の様子も本当に生き生きとしていて、楽しくなります。
これは、カメとクラゲかな?
細かいところまで一生懸命書かれています。
カメの顔の可愛いこと!
 
何度か話し合いを重ねて、実際に手形を取るところから
作られたそうです。
学校で使う普通の絵の具と筆、色模造紙を材料に、
何度か手形を取る練習も重ねたとお聞きしました。
 
魚達の配置もお見事!
タツノオトシゴ3兄弟は、色の使い方もきれいですね。
 
よ〜く見ると、素敵な工夫がいっぱい。
この立体的に見える岩は、
なんと英字新聞を張り合わせて表現されています。
開催してくださったのは、群馬県の邑楽町立中野東小学校、
アートクラブの皆さんです。
 
アートクラブの皆さん、ありがとうございました。
ご指導くださった先生方もありがとうございました。
 
立派な作品を拝見できて、とっても嬉しかったです。
 
(写真掲載にあたっては、ご許可をいただいております)
 
『てのひらすいぞくかん』
(ハン・テヒ:作/やのもみこ:訳)
zuiunsya * - * 15:50 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

上野の森親子フェスタ 「てのひらどうぶつえん」ワークショップ

ゴールデンウィークのお楽しみ

「上野の森 親子フェスタ」

(5月3、4、5日 上野恩賜公園噴水池広場)

詳細はこちら 

 

瑞雲舎は8番ブース(集中レジのど真ん前)に出店しておりますので、

親子フェスタにいらしたら、ぜひお立ち寄りください。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
そして!
上野の森親子フェスタで、楽しいイベント開催のお知らせです!
「てのひらどうぶつえんワークショップ」
5月4日(木・祭)の13:00〜13:45
イベントテントA
弊社の絵本『てのひらどうぶつえん』、『てのひらすいぞくかん』(ハン・テヒ/作)
を使った楽しいワークショップです。
  
  
てのひらをスタンプして作った手形に、
線や絵を描き足して動物の絵を描いてもらいます。
みなさんの手形、一体どんな動物に変身するでしょう?
子ども達の発想の豊かさには、いつも驚かされますが、
今回も、きっと素晴らしい傑作を生み出してくれることでしょう。
このワークショップ、作品作りも楽しいですが、
実は、手形を取るのもとっても楽しい作業なんです。
てのひらに色をつけて、紙にスタンプして手形を取るのですが……、
今回はスゴイ。
キットパス 登場です!
キットパスは、チョークの会社、日本理化学さんの一押し商品です。
口に入れても安全な筆記具キットパスで手形を取っていただきます。
そしてそして。
当日は、なんと、キットパスアートインストラクターさんが、
指導をしてくれるそうです。
これは楽しみ!!
お子様は勿論のこと、今後ワークショップで使ってみようかしらと思われた方。
ぜひ、5月4日の13:00から、イベントテントAにいらしてください。

 

 

 

    

 

 

zuiunsya * - * 17:46 * comments(2) * trackbacks(0) * pookmark

『てのひらすいぞくかん』ワークショップ 2014

『てのひらすいぞくかん』(ハンテヒ:作 やのもみこ:訳 瑞雲舎)
をつかった楽しいワークショップのご報告をいただきました。

豊島区立駒込図書館と区民ひろば駒込の共催事業だったそうです。
 
2014年8月14日開催は、夏休み中の楽しいイベントになったことでしょう。

たくさんの親子さんがお楽しみくださったとのこと。
素敵な作品の写真をいただき掲載のご許可もいただきましたので、ご覧ください。

ブルーシートに貼られた、たくさんの”てのひら”から生まれた海の仲間達、
にぎやかですね〜。



深海の様子も作ってくれました。黒地に鮮やかな色彩がきれい!
たこがスミをはいています。


可愛い作品たちの写真もたくさんいただきました。


唇がチャーミング。まつげがあります。


素敵な色使いですね。こっちも、まつげが可愛い!


ひょっとして双子ちゃんかしら。



かにの足がリアルです。
よく観察してるんですよね。こどもって。


ずらっと並んだ、たくさんの”手形”たち。
なるほど、こうやって参加の子ども達の手形をとってから、作品作りをはじめたんですね。
一手間かかっている分、思い出に残る作品が仕上がったというわけ!
 
当日参加された方は、9月中に駒込図書館へ来館されれば、記念の写真をいただけるそうです。
引換券をお渡ししているはずなのですが、なくした方も言ってくだされば対応します、
とのこと。
いたれりつくせりのワークショップ。
関係者の皆様、ご苦労様&ありがとうございました。


『てのひらどうぶつえん』(ハン・テヒ:作 星あキラ/キム・ヨンジョン:訳 瑞雲舎)


『てのひらすいぞくかん』(ハンテヒ:作 やのもみこ:訳 瑞雲舎)

(ともに、最後のページに手形がついていて、水性ペンを使えば自分で創作して遊ぶことができるようになっています。
一人でも遊べますから、やってみてね。)






 
zuiunsya * - * 15:42 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

小学校で『てのひらすいぞくかん』!

 絵本『てのひらどうぶつえん』、『てのひらすいぞくかん』を使って、
あちこちでワークショップを開いていただいています。


手形の上に線や絵を書き足して、色んな動物や海の生き物を作って作品にします。



自分の手形をとって、それをつかっての場合もありますし、
事前に用意していただいた、手形コピーなどを使われる場合もあります。


いずれも、

普段は手のひらにしか見えていなかったものを、
色んなものに見立てて、

想像力を刺激し、創造力を駆使して作品つくりする。

そんな楽しいワークショップです。





ハン・テヒ:作
星あキラ&キム・ヨンジョン訳 瑞雲舎



『てのひらすいぞくかん』


ハン・テヒ:作  やのもみこ:訳  瑞雲舎



時々、お便りやメールで、その様子のご報告や作品の写真をお送り頂くのですが、

拝見するたびに、嬉しいやら感心するやら。

子ども達、時には参加されるご父兄の方々の自由な発想に、びっくりさせられることも
しばしばです。



先日、小学校での実践ご報告をいただいたのですが、
あまりにも素晴らしい作品なので、

みなさまにもぜひ見て頂こうと思って、掲載の許可をいただきました。



それぞれの作品を、個別に見せていただくことが多いのですが、



今回はすごい!

すごいですよ〜。






これは楽しい!!

ひとつひとつが素晴らしい作品ですが、それがたくさんになると、もっと魅力的になりますね。



制作されたお子様一人ずつの個性も十分発揮されていて、
それでいて、それが集まると、

一人で作った作品以上に魅力的になっているような気がします。







たくさんの作品を並べた時の魅力は想像以上です。



杉並区立済美小学校 一年生のみなさんの作品。
ご指導になったのは、窪田美津子指導教諭。


斉美小学校では、図書館の向かい側が図工室になっているのだそうです。

きっと、図工にも絵本や本が役立っているのでしょうね。


こんなに素敵に『てのひらすぞくかん』を役立てていただけて、
出版社として、本当に嬉しいです。

ご準備されるの大変だったかと思いますが、

制作にあたった皆さんは、こんなに素敵につくられたのですから、 きっと楽しかったろうなあ・・・
と想像します。

先生、生徒のみなさん、本当にありがとうございました。




これ、しばらく飾って置いていただけたら嬉しいなあ。

お父さん、お母さんたちにも見て頂きたいです。

みんなで作ったから、楽しいんだよ!って絵が語っていますよ〜!



(ご連絡くださったMさん、ご許可くださった済美小学校様ありがとうございました。)


zuiunsya * - * 14:15 * - * trackbacks(0) * pookmark

『中央区まるごとミュージアム』でワークショップ!

<無事に終了いたしました。いらして下さった皆様、ありがとうございました。>

「中央区まるごとミュージアム」 

絵本音楽元気になろう 〜東日本の子どもたちとつながって〜

10月29日(土)30日(日) (10:00〜17:00 )の二日間、中央区晴海にある「アートはるみ」で沢山のイベントが開催されます。
入場無料です。


「古代文字を書こう!」
「泣いた赤鬼」人形浄瑠璃など、魅力的なイベントが続きます。
30日には、絵本作家のいとうひろしさんのトークショーも開催予定!


その中の一こまで『てのひらどうぶつえん』ワークショップ開催します。


手のひらでスタンプを押して手形を作ります。
そこに線や』絵を書き足して、動物や、海の生き物達を描きます。
どんなアイデアがでてくるかとっても楽しみ!


日時  10月29日(土)午後3時受付開始 (3:30〜4:30)
場所 アートはるみ 東京都中央区晴海1丁目4番1号
    (月島第三小学校等複合施設地下1階)


* 直接、会場までいらしてください。事前申込は必要ありません。
* 大人だけの参加もOKです。



 『てのひらすいぞくかん』 ハン・テヒ:作
 

『てのひらどうぶつえん』 ハン・テヒ作

zuiunsya * - * 14:33 * - * trackbacks(0) * pookmark

もうすぐ発売 『てのひらすいぞくかん』

 大人気絵本『てのひらどうぶつえん』の続編
・・・・・・10月15日発売!
ハン・テヒ:作 やの もみこ:訳



家族みんなで潜水艦に乗って出かけます。

海の中にいたのは、てのひらから生まれたかにやさかな達。
大好きなくじらには会えるかなあ。



てのひらの上に線や絵を描き足して生まれた海の生き物達が、僕たち家族を待っていました。
どのページも開くたびに、素敵なアイデアと美しい色彩に驚きの声が上がります。

絵に添えられた文は、オノマトペも楽しくて、幼児への読み聞かせにも大活躍しそう。


手のひらをじっと見つめていたら、そこに色んなものが見えてきます。
楽しい見立て遊びは、これからの寒い季節、家の中で遊べる素敵な題材です。


子どもの想像力と創造力を養う画期的な絵本。
幼稚園、保育園での教材としても、ワークショップの題材にもぴったりです。

全国書店、図書館でぜひ手に取ってみてね!





『てのひらどうぶつえん』  ハンテヒ:作 星あキラ/キム・ヨンジョン:訳




2007年4月に刊行されて以来、ワークショップで使っていただいたり、読み聞かせしていただいたり大人気の絵本です。
5刷りが、出来上がりました!

こちらも一緒に楽しんでください〜




あれれ、どこかで見た事のあるような・・・・


zuiunsya * - * 16:32 * - * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ